どうも、ポニョです。
春の嵐も抜けてとっても天気のよい水曜日。
東谷山フルーツパークで少し遅めのお花見を楽しんできました。


f:id:brulee74:20170413194736j:image

名古屋の端っこで満開のしだれ桜に癒される。


東谷山フルーツパークは果樹園や温室など『くだもの』について学べる市営の農業公園です。
ソメイヨシノより1週間ほど遅く咲くしだれ桜を目当てに、この時期だけはたくさんの人がお花見に来る、名古屋市の桜の名所の1つ。

とはいえ守山区の端の端の端、限りなく岐阜県に近い場所にあるため、アクセスは微妙。
当然地下鉄は通ってませんし、最寄りのバス停までは15分くらいかかります。

ダイア少ないし駅まで1時間近くバス乗らないといけないし、公共交通機関使うには厳しい場所。
......1キロちょっと距離ありますが、車ない方はJR高蔵寺駅から向かった方が無難ですね。


f:id:brulee74:20170413204444j:image


園内は桜でいっぱい。
ピンクの濃いヤエベニシグレ、清楚な白色のヤマザクラ、そしてソメイヨシノ。
垂れているのもそうでないのも、・・・本の桜の桜で埋めつくされていました。


f:id:brulee74:20170413203350j:image


桜の下を滑る、贅沢過ぎるすべり台。


f:id:brulee74:20170413204921j:image


滑るとこんな感じ。
わーい!たーのしーい!


f:id:brulee74:20170413205056j:image


池があったり、遊具があったり、芝生の広場があったり。
広い敷地なのでゆっくりとお花見を楽しめます。


f:id:brulee74:20170413194259j:image


池の鯉。
餌と間違えて(?)か、パクパク花びらを食べて、吐き出して、また食べて。
ユーモラスな動きは見ていて飽きることがありません。


f:id:brulee74:20170413194056j:image


また、桜以外のお花も多いため、他ではできない構図でも撮り放題です。


菜の花といっしょに撮ったり。
f:id:brulee74:20170413211349j:image


椿といっしょに撮ったり。
f:id:brulee74:20170413211442j:image


桃の花といっしょに撮れる楽しい場所でした。
f:id:brulee74:20170413211618j:image


300円で竿とエサを借りられるので、桜の下まったり魚釣りしてみるのもよさそうですね(・∀・)
f:id:brulee74:20170413211836j:image

花より団子派もうれしい。空の下でいただく極上いちごパフェ。


ここは果物をテーマにした農業公園。
育ち方を学んだ後は『食べてみないといけない!』ということで、園内の売店とカフェレストではお安くカットフルーツやパフェもいただけます。


いちごパフェ:350円。
f:id:brulee74:20170413193845j:image


いちごとソフトクリームとイチゴソースが入っただけのシンプルなパフェです。
トッピングのない分、それぞれの味が問われるこのメニュー。

濃厚でミルク風味の強いソフトクリームと果肉たっぷりな自家製イチゴソース、そしていちご。
甘酸っぱいいちごとコクのあるアイスが混じって、さわやかで複雑なハーモニーを奏でています。


f:id:brulee74:20170413193828j:image


f:id:brulee74:20170413211126j:image


広々とした園内。
イベント期間以外は駐車場無料ですし、お弁当持って車で向かうのがおすすめですね。


f:id:brulee74:20170413193956j:image


東谷山フルーツパークのホームページ。
http://www.fruitpark.org/


では、今日はこのあたりで。