すでにネットニュースでご存知の方も多いかもしれませんが、卵アレルギーに関しての新発表がありました。

今回の発表では、乳幼児期から少量の卵を摂取することで、アレルギーの発症を予防するというものです。

詳細は、リンクのニュースを確認ください。

www.sankei.com

(出所:産経新聞)

発表したのは、日本小児アレルギー学会です。

日本小児アレルギー学会 - 「鶏卵アレルギー発症予防に関する提言」の発表について

(出所:日本小児アレルギー学会)

発表内容にもありますが、既にアレルギーを発症している子供にはあてはまらないそうです。

そして一番重要なのが、『専門の医師の指導のもとで実施すること。』です。

安易に、親の判断で取り入れることは子供にとって最善では無いことに注意が必要です。

もっと、こういった発表が正しく広まることを期待します。